グラウンドアンカー軸力計測


<計測方法>
ロードセルをアンカー台座と支圧板の間に設置し、グラウンドアンカー定着時に同じく定着する。



<換算方法>
 ロードセルの試験成績表により軸力を換算します。

<注意事項>
・支圧板が2枚必要となります。内1枚は孔径の大きいものを推奨します。
・グラウンドアンカー定着後には設置出来ません。
・グラウンドアンカーのPC鋼線が腹起し等に触れる状態で定着を行うと軸力が正しく表示されない場合があります。
・掘削時にロードセルにバケット等を当てないように注意願います。軸力が正しく表示されないだけでなく、計測器の故障の原因となります。破損した場合でもグラウンドアンカーの解体まで撤去出来ません。

<計測までの流れ>
1 定着に先立ちロードセルを支圧板2枚の間に設置する。
2 アンカー定着時にPC鋼線の通りを確認する。
3 アンカー定着
4 掘削の進捗、他段アンカー定着等の外力導入毎に軸力を測定する。     

▲BACK

Copyright © 2004 NIKKO All Rights reserved.