切梁軸力計測


<計測方法>
切梁部材に歪み計を設置して歪みから軸力に換算する。



<換算方法>
 P=ε・A      P:切梁軸力 ε:歪み(計測値)
            A:切梁部材断面積
<注意事項>
・1箇所の軸力を得るのに歪み計が2台必要となります。
・プレロードを行わない場合には見かけ上、引張軸力が生じることがありますが、温度応力によるもので実際に引張が生じている訳ではありません。
・切梁軸力は温度の影響を受けやすい性質があります。切梁温度計測の併用をお勧めします。

<計測までの流れ>
1 切梁架設直後に歪み計を設置する。
2 24時間養生後に初期値を計測する。
3 プレロード導入
4 切梁軸力と切梁温度から軸力推移を確認する。        

▲BACK

Copyright © 2004 NIKKO All Rights reserved.