山留め変位計測


<計測方法>
山留め芯材の打設前に計測管を設置し、測定毎に計測器を挿入し各深度毎の傾斜角を計測する。傾斜角から変位を算出します。




<注意事項>
・芯材打設後に設置する場合はボーリングが必要となります。
・初期値からの変位を計測する為、初期値の測定時期の選定が重要となります。目的に応じてご相談賜ります。
・自動計測の場合は測定方法が変わります。
・変位だけでは山留めの状況の判断が困難となります。切梁軸力もしくはグランドアンカー軸力計測との併用をお勧めします。

<計測までの流れ>
1 芯材に計測管を設置する。
2 芯材の打設。
3 初期値計測(計測時期に注意)
4 掘削の進捗、プレロード等の外力導入毎に計測、山留め状況の確認。     

▲BACK

Copyright © 2004 NIKKO All Rights reserved.